exhibitions of
masako
kakizaki

Fly me to the AOMORI
青い森へ連れてって
(青森県立美術館がプロデュースする青森展)

2015年12月10日~19日
愛知芸術文化センターB2階
アートスペースX

「アオノニマス 界」

2015年11月18日~23日
馬車道大津ギャラリー

それは流れること。
絶えず、続いてきたこと。
繰り返してきたこと。

水ひとすくい、
手のひらの 指と指の隙間から
こぼれゆくも 
生命はそこにありたいと願っていた。
ゆえに、残ることを選んだ。

個を選べば個になる。
群を望めば群に入る。
すべては、自分が選んでしまった。

心のどこかでは、止めたかったのかもしれない。
だけど止めずにいたわけは、
わずかに、止めたくない意志が優っただけなのだ。

「アオノニマス 肺」
第一部 /2013年7月1日~6日
第二部 /2013年7月8日~13日
森岡書店

見えないことは、恐怖でした。
でも、足を踏み入れたそこには、光がありました。
全てが明瞭になりました。

あまりにも雄大すぎる地では、
そこに立つだけで、ただそれだけで良いのです。
この身を委ねるしかないのです。

見えるものと、見えないものがあるならば、
闇を消し去り、静寂と向き合い、真実の声を聞きたい。
それはそうであると、既に決まっていた事かもしれない。
時間の経過が蓄積されて、エネルギーが解放している。
幾千と重なる年輪が、層を成しているから、
ただその呼吸に合わせてみたい。

「アオノニマス 接触」
2012年12月15~24日
青森県立美術館コミュニティーギャラリー

都会へ出てから気がついた。
青森の景色というのはいつも満ちていた。
生命が呼吸する湿度、注ぐ光はやわらかく、こちら側へ入りこんでくる。
幾年の月日を経ているのだろう…
変わらずいつも、そこには感じられる。

「アオノニマス 雪」
2012年6月18日~23日
森岡書店

雪が美しいものだと思いながら
溶けゆくものだと知りながら
吹雪いているその中に踏み込むと
果てしない恐怖を覚える
なにも見えなくなり 白いものに覆い尽くされる

呼吸をするたび 針で刺されたような痛み
体温は 雪の触れ合いに少しずつ奪われてゆく
赤みが差し 皮膚が硬くなる

もしも この地で ただ一人残されたなら
私も 隠されていくのかもしれない
すべて消され やわらかな雪に交われるのかもしれない

白く舞う雪は いつも美しい